メタボリックシンドローム対策

FrontPage

メタボリック症候群の予防と対策

メタボリックシンドロームはメタボリック症候群とも呼ばれ、生活習慣病のひとつです。当サイトでは、生活習慣病と言われるメタボリック症候群の予防と対策を解り易く紹介します。

メタボリック症候群は病気ではない病気

メタボリック症候群!予防と対策

メタボリック症候群は日本の三大死因である、心臓病、脳卒中、がん、という病気に密接な関係があります。心臓病や脳卒中をなどの循環器系の病気は、血管や血液の病気が関係してきます。

動脈硬化という状態になると、心臓病や脳卒中という病気に非常に近くなってしまいます。この動脈硬化の危険因子してコレステロールが上げられますが、それ以外にも、内臓脂肪が密接に関係しているということが、医学の進歩と共に明らかになってきたのです。

メタボリック症候群は、病気ではない病気です。一つでは病気といえる症状も出ないけど、3つ集まればそれは紛れもなく病気となります。それが、メタボリック症候群なのです。メタボリック症候群の字をよく見てください。群という字が使用されていますよね。まさに病気の元となるものが合わさることで、病気を引き起こす、というものです。

肥満、耐糖能異常(高血糖)、高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症、高血圧という症状のうち、3つの症状が重なっている場合、メタボリック症候群と呼ばれます。これらの症状が、動脈硬化を起こす要因となるのです。一つならば防ぎようがあることでも、3つ、4つと増えていくうちに、さらに大きな病気につながる要因となっていきます。

メタボリック症候群は高齢になればなるほどその確率も高くなるといわれていますが、最近では、40歳の男性、4人に一人という高い確率でメタボリック症候群となっているといわれています。生活状況が悪すぎるのですよね。食生活、睡眠不足、ストレス、外食、どれをとっても、メタボリック症候群になる為に好都合の状況です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional